2009年10月11日

ロビー通信 vol.16 10月11日

岸井です。不定期発行の『墨東まち見世ロビー』通信。
41日目です。

####

今後の今のところのロビーの活動予定をまとめました!(まだまだ増殖予定)
お問合わせは全て岸井kicdicek@di.pdx.ne.jpまで。
よろしくお願いします





10月8日(木)〜14日(水)
『西田シャトナー おりがみ展/22.5度の宇宙』
 11:00〜18:00
http://the-world-of-225.seesaa.net/
パワフルな演劇作品で知られる演出家・西田シャトナーの、もうひとつのアート世界。恐竜、昆虫、SFクリーチャーにいたるまで、1枚の正方形を、まったく切らずに折り上げる、常識破りに超精密なオリジナル折り紙。折り紙ファンからも「実物をぜひ見たい」と待望されていた西田シャトナー最新の50作品が、現物展示されま
す。
* 「22.5度」とは、90度の4分の1。それは、折り紙の展開図に必ず登場し、正方形を立体の世界へとつなぐ、魔法の角度です。



10月15日(木)ー10月17日(土)
『ミセビラキ(舞踊)』
14時、16時、18時 
by木室陽一(舞踊家/「4」茶遊び公認アーティスト)各回20分
投げ銭歓迎
9月にロビーで公演し、好評を得た、まちを見せるダンス、最終公演です。


10月15日(木)
『木室陽一による踊りたい女子のためのコンタクトインプロワークショップ』
19時30分から21時30分
1500円要予約



10月16日(金)ー20日(水)
『welcome 解離感!こんにちはGhohst!なSound-Installationをおっぱじめるわん!
「やっほー/yo-ho」』
12時―18時
ロビー開店に通りかかって、9月2日に1日だけサウンドインスタレーションを展開した小火http://neoneo.orgの作品展示再び!10 月18 日15 時―18 時で『“ねえねえ”データ移植祭』もやるよー。



10月17日(土)31日(土)14時ー
10月19日(月)14時ー 19時ー
『サポーター説明会』
墨東まち見世では、それぞれのアーティストごとにサポーターを募集しています。あなたが興味を持った企画のアーティストと一緒にまちに出て、いつも暮らしている地域の違った楽しみ方を発見してみませんか?
また、墨東まち見世の運営スタッフも同時募集しています。詳しくはサポーター説明会でご説明いたしますので、お気軽にご参加ください!



10月19日(月)20日(火)30日(金)
『私設アートカウンシル』12時ー18時
by岸井大輔
投げ銭歓迎 できるだけ予約
噂に寄ると西欧には『アートカウンシル』なるものがあるそうな。それは図書館のようにどの街にもあって芸術で困ったことがあるとなんでも相談に乗ってくれるらしい。相談内容は、「作品のテーマが決まらない」「バンドのメンバーが欲しい」「教室を開きたい」など、ホントになんでもよいらしい。アートカウンシルという名前
に憧れた岸井が勝手に妄想した芸術相談所をやってます。なんでも相談してください。



10月21日(水)
『絵を描いたことがあまりない表現者のためのデッサン教室』
1000円
第一部 じっくりマンツーマン系
15時ー18時定員3名
栗原汐里先生(アトリエシェッラハル)
第二部 ササッとスケッチ系定員10名
17時ー19時
村山修二郎先生
デッサンをやったことのない人のためのデッサン教室、やります。要予約。一部が満席につき、先生募集中!



10月21日(水)
『公開合作』
三宅航太郎(アーティスト/「おしょくじ」作家)_岸井大輔(劇作家/playworks主宰)
12時ー18時(出入り自由)
投げ銭歓迎
「墨東まち見世2009」参加作家三宅の作品「おしょくじ」のロビー設置(10月20日)を受け、合作し過程を公開することにしました。何もできないかもしれないし、とてつもないことがおきるかもしれません。ぜひ遊びにきてください



10月24日(土)
『墨東まち見世屋台ブレーンストーミング大会』
18時30分―21時30分
要事前問合せ
ロビーにいると、本当に多くの人から、宣伝用屋台(詳しくは、墨東まち見世のサイト参照)を引いてみたい!という声が聞こえます。そこで、屋台で何かしたい人全員に集まっていただいて、ロビーで屋台の有効活用のブレストをします。要予約。司会をする岸井大輔と屋台制作者北條元康の主宰です。


10/24
『アルフレッド ビーチ サンダル』ライブ
13時ー18時
開会式にてギター弾き語りを披露したアルフレッドのストリートライブです!投げ銭大歓迎




10月25日(日)
『キラキラ朝市参加!ダンスタワーフリーマーケット』
5時(午前!)ー8時
押上で月一のイベントを企てている混沌ポラリーな皆様によるダンス付きフリマです。



10月25日(日)
『神村恵による、体をあまり動かしたことのない人のためのヨガ教室』
18時からと20時から
各回一時間定員三名1000円
コンテンポラリーダンサーで振り付け家の神村恵さんは、10月15日から10月17日まで自作を向島にある現代美術製作所で発表します。(岸井出演します。見に来てね)彼女によるヨガ教室です。体をあまり使ったことのない表現者に教えてみたいとのことです。



10月25日(日)
『卒論修論博論発表会 vol.0』
14時ー16時
岸井より口上:修士論文の話を聞くのが好きです。青春の最後の時間とアイデンティティをかけて制作されるそれは、作品と呼ぶに値することが多い。なのに大抵は少数の専門家の冷笑だけに消費されて終わっているのはもったいないと思う。で、発表してくれないか、という呼び掛けに応じてくれた三人の、相互になんのツナガリもな
い発表をまとめて鑑賞する会を持ちたいと思います。



10月26日(月)
『コミュニティアート映像祭 秋の宴』
コミュニティアートふなばしの主宰する映像祭にロビーも参加します。上映映像は岸井が選べるらしいので、墨東まち見世参加作家の杉田このみさん特集にする予定(笑)



10月27日(火)ー29日(木)
「北川と岸井でパフォーマンスを作ります(仮)」
墨東まち見世参加作家の北川さんと俳優チョウソンハ、岩本えりと岸井で、3日間公開で作品を仕上げ公演します。公演の詳細などは続報をお待ちください。



10月30日(金)、11月1日(日)〜11月3日(火)
『平岡直子公開制作「PAINTING」』
12時〜18時
油絵を描きながらたまに踊りながら制作をします。
みなさまどうぞお気軽にお声をおかけくださいませ。
岸井より:墨東まち見世にスペースで参加している、アトリエシェッラハル平岡さんによる公開製作です。曳舟駅を挟んで反対側にあるスペースで起きているコトをキラキラで公開で見せてみたいと思います



10月31日(土)
『るるる ダンシングヘルスマッサージ』
17時半―
2時間2000円
コンテンポラリーダンサー青山るり子による、踊るマッサージ。終わった後は、体に羽が生えた様になると好評です。



11月4日(水)
『4茶遊び論』
13時ー16時
バフォーマンスに対し貨幣でなく茶葉で報酬をいただくという形式だけで、資本主義下の芸術のあり方について疑問をなげかける活動『茶遊び』。岸井が劇作家としてデザインし2年たつこの活動を通し、見えてきたことなどを討議します



11月5日(木)
『住む開くの条件(仮)』
関西で築港アーク等、現代芸術のイベント会場をまわすアサダワタルの今年のテーマは「住む開く」奇しくも、住みながらアートセンターを開いている岸井とアサダによる、アートの理想の場を巡るロングトークイベント



11月7日(土)
15時―18時
『地元の製本屋、堂地堂さんと、新作ブレーンストーミング』
地元で製本業を営む堂地堂さんは、アーテイストと組んで新作の商品開発などをしたいんだそう。美術系の紙の端切れもたくさんお持ちですし一点ものの開発もしているそう。興味あるかたは岸井まで。


11月9日(月)
『まとまらない話』
福留麻里と大崎清夏(ダンサーと詩人)
15時〜18時 
(3時間の作品です。)
1000円
各回定員10名/要予約。
ご予約・お問合せ minnanouta11@gmail.com


11月15日(日)ー23日(祝)
村山修二郎展示
『(タイトル未定)』
墨東まち見世参加作品、京島エリアの植栽をテーマにした展示です。


NPO法人向島学会と東京アートポイント計画がお送りする『墨東まち見世2009』。『墨東まち見世ロビー(以下ロビー)』は、劇作家である岸井大輔が自身のカンパニーplayworksの新作『東京の条件』シリーズのwork1として運営している。このシリーズにおいて岸井は、現代の東京でハンナアーレントが『人間の条件』に言う現れの場を
作り出す可能性を問うている。
『ロビー』は現代アートイベント全体の案内所であり、スタッフの連絡所である現実の空間として始まる。そこにはいつも作品があり、アーティストと客と地域の人がコミュニケーションをしている。100日の運営の中で地域に馴染み、外来者に知られていき、最終的に、アートイベント後も自主運営される空間として続いていくことが
目指される。作家自身が住み込み、毎日の出会いを通してイベントが作られていく、壮大なプレイである。


2009年9月1日(月)から12月9日(水)まで
12時ー18時(無休)


playworks#2『東京の条件』work1 by岸井大輔(劇作家)


お問合せ
07055723640(岸井)
kicdicek@di.pdx.ne.jp


『東京の条件』workシリーズ
http://tokyoconditionwork.seesaa.net/


キラキラ橘商店街中程の交番ナナメ前(墨田区京島3ー21ー9ー1F)

『ロビー』への道
東武曳舟駅改札を左、突き当たりを左、ロイヤルホストを右に曲がり直進。
京成の踏切を越え、左手にヨーカドーが見えれば正解。東京で一番古いと言われるスクランブル交差点を越えてさらに10分直進。
黄色い「キラキラ橘」の看板がある商店街を左に入る。右手に交番が見えたら、斜め前。果物屋の前、焼き鳥とテンプラ屋の間

お茶とご飯は準備してありますのでキラキラでお惣菜などを買ってきてくださいますと嬉しいです。物ブツ交換しましょう。来ていただけたらオススメの店も教えます。


ではあと59日

よろしくお願いします
posted by ワークシリーズ at 12:12| Comment(0) | ロビー通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。